墓石の種類、文字について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

墓石の原型は「卒塔婆(ストゥーパ)」であると言われています。卒塔婆とはお釈迦様がご入滅された後、埋葬された場所に建てられたものです。現在は和型の角柱墓石が一般的。角柱墓石は江戸時代に登場し、それ以前は石造の供養塔でした。角柱墓石は板碑または位牌を基にしたかたちであると言われています。現在では角柱墓石ではないさまざまなかたちの墓石が登場し、なかでも「洋型墓」は東日本を中心に人気です。その他にも従来の墓石とは異なる自由な発想の「デザイン墓」が注目を集めています。

墓石の種類

和型墓石

和型墓石は仏舎利塔をもとに、五輪塔を簡略して作られたものです。
一番人気のある形で基本的な構造は竿石、中台、上台、芝台から成り立っています。

洋型墓石

近年よく見かけるお墓の形状で、外国のお墓をもとに作られた墓石です。
形状は横に広く、高さは低く作られています。
民営の霊園で建てる方が多くいらっしゃります。

デザイン墓石

和型にも洋型にも分類された個性的なお墓がデザイン型のお墓です。
基本的には、石材店とのお話し合いですべてが決まる世界でただ1つのお墓になります。
強いこだわりがある方はこちらのお墓タイプの検討もおすすめします。

墓石の文字、墓石の彫刻

お墓に刻まれる文字は古いものにはありませんでしたが、武士のお墓に階級が刻まれるようになり、江戸時代になると庶民も墓石に名前を刻むようになりました。
また、文字の書体についてはさまざまで一番多いのは楷書体になりますが、他にもゴシック体、行書体などがあります。墓石とのバランスが大事になるかと思いますので、事前に石材店の方とお話しをすることをお勧めします。

墓石への彫刻は一般的には文字や家紋を刻みます。最近では、デザインされた文字や立体的なお花を彫刻される方も多くいらっしゃいます。

  • お問い合わせはお気軽に

    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお問い合わせください。
    • 頂いた内容はお問合せ日から2営業日(土日祝を含めず)を目安に担当よりご連絡させていただきます。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ず「応募要項」をご確認ください。