墓じまいの手続きと流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓参りをしたいけど霊園の場所が遠い、お墓を管理する後継者がいない、などの理由から、墓じまいをする方が増えています。

墓じまいは、勝手にするわけにもいかず、必要な手続きがあります。
墓じまいに必要な手続きと流れについて解説します。

墓じまいの準備

墓じまいをする上で、実際の手続きの前にまずは準備が必要です。
ここでは、墓じまいをするときの準備の手順・流れを紹介します。

墓じまい後の遺骨の行き先を決める

墓じまいをするということは当然、中の遺骨も何かしらの処置をしなければなりません。行き先をどうするのかを決めなければなりません。
具体的には、別のお墓に移す改葬、霊園やお寺に任せる永代供養、自宅で保管する手元供養などがあります。

親戚間で意見を合わせる

先祖代々の墓であればもちろん、一代のお墓であっても、親戚間での合意をとっておくことは重要です。
故人に対する思いも、お墓参りのしやすさも人それぞれなので、後継者の一存で墓じまいとその行き先を決めてしまうとトラブルの元になりかねません。
少なくとも、連絡がつく範囲の親戚には相談し、決して独断で決めないようにしましょう。

お寺や霊園など現在の墓地管理者に墓じまいする旨を伝える

墓じまいは、所有者のみが独断で決めるべきものではありません。現在のお墓を管理をしてくれている、霊園やお寺の墓地管理者には墓じまいする旨を伝えておきましょう。
霊園であれば、当然管理元なので撤去するスケジュールなどを先方の都合とあわせて相談しなければなりませんし、万が一独断でやってしまったら管理側は混乱しますし、管理費用の徴収も止められないかもしれません。

お寺については檀家制度がありますので、それを抜けるのか、継続するのか、墓じまい後の行き先を含めてお寺様とご相談する必要があります。

お墓を撤去する専門業者を決める

お墓の撤去は、一般人が自力でできるものではありません。必要な手続き後、専門の業者、主に石材屋さんに頼むことになります。
お墓を建てる時にお願いしたところに頼むという選択もありますし、新たにインターネットを使って石材屋さんを選ぶこともできます。

また、手続きなども一貫して墓じまいを専門に請け負ってくれる業者もあります。手続きをする暇がなかったりご面倒な方には、おすすめです。

墓じまいの手続きと流れ

準備が一通り済んだら、いよいよ墓じまいの手続きに入ります。ここでは、法的に必要な書類手続きと、実際の撤去作業の流れについて解説します。

 

受入証明書(使用許可証)をもらい記入する

受入証明書(使用許可証)という書類は、墓じまい後に別のお墓に移す、すなわち改葬をする場合、移転先のお墓の管理者から発行してもらう書類になります。
受け入れ先のお墓がありますよ、ということを証明してくれることになります。

 

改葬許可申請書を取り寄せて記入する

改葬許可申請書は、改葬元の市区町村の役所では発行してもらう書類です。現在のお墓を別のお墓に移すという許可を申請します。

埋葬証明書(納骨証明書)をもらい記入する

埋葬証明書(納骨証明書)は、現在のお墓のある管理者から発行してもらう書類です。
この場所に確かに埋葬したという証明になります。

改葬許可証をもらう

改葬許可申請書を提出し、認可されると、この改葬許可証をもらえます。遺骨を移す許可が降りたことを証明します。これで、役所との手続きは完了です。

現在のお墓から遺骨を取り出す

墓石を撤去する前に、当然、埋葬されている遺骨を取り出す作業が必要となります。大切な遺骨を取り出し、移転先に移すか、移転先の準備ができていない場合は一時的に自宅で大切に保管することになります。

古い墓の撤去を石材店等に依頼し、更地にする

遺骨を取り除き、空き家となったお墓を、準備段階で決めていた業者に依頼して撤去のうえ、更地にしてもらいます。
この際、日取りについては霊園やお寺様にもご連絡、都合の調整をすることは忘れないようにしましょう。

移転先に「改葬許可書」を提出し、遺骨を埋葬

役所から受け取った改葬許可証を、移転先に提出します。これは、改葬、永代供養に関わらず必要な手続きです。
別のお墓に埋葬する場合は、葬儀後の納骨と同じく、お坊様をお呼びして改めて供養していただくのが一般的です。

墓じまいの手続きを代行してくる行政書士

墓じまいの手続きについて見てきましたが、いかがでしょうか。えっ、こんなに面倒なの?と感じた方も多いのではないでしょうか。
そこで、必要な手続きを代行してくれる行政書士がサービスを行っているケースもあります。

行政書士に頼むメリット・デメリット

行政書士に墓じまいの手続きを任せることで、自分で手続きを行うのに比べ、時間や手間が大幅に削減できます。

行政書士に墓じまいの手続きを頼むメリット

  • 面倒な手続きを任せられる
  • 安心して親類間の同意形成に時間を割けられる
  • 檀家を離れる場合、無用なトラブルを避けられる

特に、檀家を離れるにあたり、離檀料として費用を請求されるケースがあります。こういったことがトラブルの元になることもあるので、すべてを任せられることで、トータルでかかる費用を抑えられることもあります。

行政書士に墓じまいの手続きを頼むデメリット

  • 行政書士への依頼費用がかかる
  • 親類間の事情が第三者である行政書士に知られることを避けたい人もいる

このようなデメリットを気にしないのであれば、行政書士に依頼するのはトータルでは有効と言えるでしょう。

  • お問い合わせはお気軽に

    お墓相談窓口(無料)
    0120-541-613
    受付時間 9:00-21:00
    タップして電話をかける
    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお電話ください。
    • 資料請求や気になる墓地・霊園の見学のご予約も、お電話で承ります。
    • お墓に関することなら、何でもお電話ください。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ずご確認ください。
    • ご不明な点は、左記のお墓相談窓口までお電話ください。