お墓を処分する、墓じまいとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、都市部を中心として「墓じまい」をされる方が増えてきています。
墓じまいは、改装や永代供養をする際に必要となってきます。

墓じまい、改装、永代供養…。普段聞き慣れない言葉も多いので、何のことを言っているのか解らない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで本記事では、そもそも墓じまいとは何かといった意味から、改装や永代供養との違い、メリット・デメリットに至るまで、皆さんの疑問が解消されるよう、わかりやすく解説します。

墓じまいとは?

墓じまいとは、文字通り現状のお墓を処分・解体することです。
主に、墓石屋さんや霊園に依頼し、撤去作業を行うことになります。墓石の建っていた場所から墓石を撤去し、骨壷を取り出し、更地にします。
当然、それに伴う手続きと費用、お骨の行き先を決めるなどやるべきことは多くあります。

まずは、墓じまい、改装、永代供養、手元供養の関係を図示しました。こちらをご覧になりながらお読みいただくとわかりやすいかと存じます。
墓じまい・改装・永代供養・手元供養の関係図

なぜ、墓じまいが必要なのか?

お墓の所有者が墓じまいをする理由として、

  • お墓を守る親戚の方がいない
  • 場所が遠すぎてお墓参りに行けない
  • 子孫に墓守りをさせるのが申し訳ない
  • 死生観・価値観の変化

などが挙げられます。
放置しているままでは、無縁仏になってしまい、それは避けたいものですし、場所の関係からお墓のお引っ越しをする際に現在のお墓を一度閉じることも、墓じまいに入ります。

また、手続き的にも使用権を返還する必要があります。
故人のお骨は「ご遺体」の一部なので、勝手に移動することはできませんし、移動だけではなくお墓を潰してしまうこともできません。

必要となる手続きをすべて含めて「墓じまい」なのです。

墓じまいと永代供養の違い

墓じまいは、墓地・墓石を解体し、別のところに移す余地があります。
お墓参りをしやすい墓地に移したり、故人との思い出の場所に散骨したり、ご家庭で手元供養にしたりと選択肢があります。

一方、永代供養は遺骨の供養を寺院や霊園に任せることになります。
希望を出すことはできるものの、基本的には供養の形を選ぶことはできません。

墓じまいと改葬の違い

現状のお墓に納められているお骨を別のお墓へ移すことを改葬といいます。
当然、今あるお墓を墓じまいした上で、移すことになります。
また、墓じまいした上で永代供養を選択する場合も改葬に入ります。
一方、墓じまいとは、単にお墓を撤去することを指し、その後の移転については含みません。

永代供養墓とは?

永代供養は、お寺や霊園が永代にわたって供養・管理をしてくれる供養の方法です。

一般的には、遺骨は他の人と合祀され、墓や納骨室に納められます。
こうした墓は、合祀墓、合同墓、合葬墓などと呼ばれます。

改葬とは?

改葬とは、わかりやすく言えばお墓のお引っ越しです。
現在のお墓を墓じまいし、別のお墓に移したり、永代供養に変える場合を改葬と言います。

散骨したり、手元供養に変える場合は、新たなお墓があるわけではないので基本的には改葬とは言いません。

墓じまいのメリット・デメリット

墓じまいをするメリット

  • お墓が遠くて墓参りができない場合、都合のいい場所に移すことができる。
  • 後継者がいない場合、その後の供養の先を決めて安心できる。
  • お墓に埋葬するという価値観を持つことができないので、しかるべき。
  • 現状のお墓の管理費用が高い。

以上のように、現状のお墓の問題点を、墓じまいによってよりふさわしい形に変えることで、解決したり和らげることができます。

墓じまいをするデメリット

  • 複数の手続きが必要
  • 後の処置をしっかり話し合っておかないとトラブルの元になる。
  • いちど永代供養や散骨を選択すると、その後遺骨を回収することはできない。

大切なお墓を一度閉じることになるので、故人様のご遺志、墓じまいの後の供養先を親戚やお寺様、霊園としっかり話をして同意を得ておかないと、後のトラブルを引き起こしかねません。
寺院墓地に埋葬している場合には、法的な手続きとは他に、寺院との檀家契約の継続・解消を含めて、お寺さまに事情を話し、理解を得る必要があります。
また、霊園の場合でも、法定の手続きが必要となります。

墓じまいからの永代供養のメリット・デメリット

永代供養にも、メリットとデメリットがあります。
家でお墓を持つのに比べて労力はかかりませんが、慎重に比べてから決める必要があるでしょう。

永代供養のメリット

  • 個別にお墓を持つのに比べ、購入費用・維持費がかからない場合が多い。
  • 親族がお墓を管理する必要がない。
  • 永代供養墓は交通の便が良い場所にあることが多い。

永代供養のメリットは、なによりも費用と管理の手間がかからなくなることが大きいです。

永代供養のデメリット

  • 形式によっては他人のお骨と一緒になると、二度と取り出すことができない。
  • 供養の周期も霊園によって違うので、事前に確認が必要。
  • 一般的な墓に比べて、家族・親戚の間の絆に影響がある可能性がある。

永代供養は、お墓の維持、墓参にまつわる費用や手間を省ける反面、しっかりと関係者の合意を得ておかないと、大切なものを失う可能性も否定できません。

墓じまいから改葬するメリット・デメリット

墓じまい後に別のお墓に遺骨を移す「改葬」に関しても、メリットとデメリットがあります。

墓じまいから改葬するメリット

  • 適切な場所に移転することで、墓参りがしやすくなる。
  • 場所以外にも、管理費を見直し、諸条件を整理できる。
  • 心機一転、親戚が先祖供養の意識を新たにするきっかけとなる。

改葬をするからには当然、墓参がしやすいところを選びますから、墓参りをしやすくなり、また管理費を見直したり、親類関係が話し合うきっかけにもなります。

墓じまいから改葬するデメリット

  • 改装費用がかかる。
  • 手続きが必要。
  • 先祖代々の墓が移ることで家族・親戚の関係に影響する可能性がある。

改葬をするからには当然、その費用、手続きが必要となります。
また、場所についても家族・親戚の間でしっかり合意を得てからでないと、より不便になる人も出てしまいトラブルの種となりかねません。

墓じまいから手元供養をするメリット・デメリット

墓じまい後に、お墓に移す改葬、お寺や霊園に任せる永代供養の他に、手元供養という方法もあります。
遺骨の全体を手元供養する全骨安置と、半分や一部を手元に置く分骨安置があります。

手元供養のメリット

  • お墓参りに行かなくても、毎日家庭で供養ができる。
  • 分骨安置にすることで、複数の親戚たちも一箇所のお墓に参らなくてもそれぞれで供養ができる。
  • 全骨安置であれば、お墓の費用はかからない。

手元供養は、その方法によって、家庭や親族に合った遺骨の供養方法が選べます。

手元供養のデメリット

  • 遺骨の管理者の状態にゆだねられるため不安定である。
  • 親戚の間で合意がとれていないとトラブルの元になる。

遺骨を自宅で管理するということは、家主の健康状態、経済状態、住宅事情、さまざまな要因で遺骨の行き場が安定しない可能性があり、そのあたりをクリアにしないとトラブルにも発展しかねません。

墓じまいから、永代供養・手元供養・改葬のどれを選ぶのが良いの?

ここまで見てきたように、「墓じまい」「永代供養」「手元供養」「改葬」は、それぞれ意味が異なります。

現在のお墓をなんらかの形で移すのであれば、家族・親戚の間での相談と合意が必要であることは言うまでもありません。
また、故人・ご先祖様の遺言も考慮しておくべきというのは、どの方法をとっても言えることです。それを踏まえて、それぞれの措置をおすすめするタイプの方をご紹介します。

墓じまいがおすすめなタイプの人

  • お墓が遠かったり交通の便が悪く、墓参りにあまり行けていないことが精神的な重荷になっている人
  • お墓の維持にかかる管理費が経済的な重荷になっている人
  • 親戚の間でも現在のお墓に対する問題が共有されていて、コミュニケーションも取れている人

永代供養がおすすめなタイプの人

  • 先祖代々の墓石にこだわらず、お参りの対象があればいい人
  • 現在のお墓が、お墓参りに不便な人
  • 後継者が不在、または選定が困難な状態にある人

手元供養がおすすめなタイプの人

  • 親戚が離れて住んでいて、お骨を分けて祀りたい人
  • お墓を建てたり、維持する費用がない人
  • 親類が安定していて、お骨を手元でも管理できる人

改葬がおすすめなタイプの人

  • 墓じまいの後、次のお墓の目星がある人
  • 親類関係の間で同意とコミュニケーションができている人
  • 現状のお墓に、墓じまいに値する問題がある人

まとめ

ライフスタイルや価値観の変化にともない、改葬・永代供養・手元供養など、遺骨供養の選択肢は増えつつあります。
現在、お墓を持っているのであれば、それに伴い墓じまいが必要となります。

墓じまいは、大切なお墓を一度仕舞うことなので、それに伴う法的・社会的な手続きは必要になってきます。
しかし、現状のお墓を取り巻く環境に問題があるのであれば、当記事を参考に、一つひとつ解決すれば、よりよい供養の形が見えてくるでしょう。

家族や親戚、また墓参におとずれる関係者の立場を鑑みて、ふさわしい形を慎重に選び、新しい供養の形を考えましょう。

  • お問い合わせはお気軽に

    お墓相談窓口(無料)
    0120-541-613
    受付時間 9:00-21:00
    タップして電話をかける
    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお電話ください。
    • 資料請求や気になる墓地・霊園の見学のご予約も、お電話で承ります。
    • お墓に関することなら、何でもお電話ください。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ずご確認ください。
    • ご不明な点は、左記のお墓相談窓口までお電話ください。