お墓の引越し(改葬・移転)の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓の引越し(改葬・移転)を行うといっても、墓石や遺骨を、今の墓地から新しい墓地(移転先)に移すだけではありません。お墓にはこれまで代々受け継がれてきた歴史とともに、家族や親族、寺院との関係も存在しています。彼らにも意見を求め説明した上で、お墓の引越し(改葬・移転)を行いたいものです。ここではトラブルをなるべく抑えて、スムーズなお墓の引越し(改葬・移転)を行うための流れを紹介します。

①まずは家族、親戚にも意見を求める

お墓は近い家族だけでなく、親族全員にとっても大切な場所です。そのため、親族から改葬を反対されるケースもあります。お墓を改葬する権利としては、墓地の使用権者(管理者)が持っています。そのため、墓地の使用権者(管理者)が勝手に手続きをして引っ越しを完了することも可能ではあります。
しかし、親族の賛同を得ておけばスムーズに話しは進みますし、万が一の際のお墓の維持も頼むことができるでしょう。親族を集めてしっかりと話し合いをし、全員から了承を得たあとに改葬の手続きをしてください。

②今のお墓がお寺にある場合は事前に引越し(改葬・移転)を行いたい旨を伝える

今のお墓が寺院の管理下にある場合、住職や管理者に相談しておくことが大切です。
親やそれ以前の代からの付き合いがある場合には、いきなりの移動を許してくれなかったり、つよく止められることもあるでしょう。
こういったトラブルを避けるためにも、いきなり改葬の報告をするのではなく、早い段階から相談しておくようにしましょう。

③引越し先の墓地・霊園を見つけ、契約をする

以前の古い墓石は必ずしも新しい墓地・霊園に持っていけるとは限りません。規則によって新しいお墓を建てる必要も生じるため、移転先の規則も念入りに確認しておきましょう。
お墓の見つけ方は「お墓の買い方、選び方」を参考にしてください。

④石材店に依頼する

新しいお墓を手配しなくてはならない場合には、現地での石材店探しを行う必要があります。同時に今の墓地のお墓の撤去は自分たちで行う必要があるため、その撤去作業を石材店に依頼する必要があります。
もし移転ができるとなったケースでも、今のお墓から新しいお墓に墓石を移動するには石材店の協力が必要ですし、新しい墓地の基礎工事を行う必要があります。

⑤改葬許可証を市区町村役所の戸籍課または住民課に発行してもらう

改葬を役所の手続き無しに勝手に行うことはできません。現在墓地のある市区町村役所の戸籍課または住民課で「改葬許可証」を発行してもらいます。ご遺骨一体につき一枚が必要になります。その際に改葬先の「永代使用許可書」や「受け入れ証明」の提示を求められることもあるため、計画的に進めていく必要があります。発行された「改葬許可証」は受け入れ先の管理者に提出してください。

⑥今のお墓から遺骨を取り出す。故人の魂を抜くための儀式(閉眼供養)を行う

現在のお墓から故人の魂を抜くための儀式(閉眼供養)を行います。
これには僧侶様を手配する必要があります。

⑦新しいお墓に遺骨を納骨する。故人の魂を入れる儀式(開眼供養)を行う。

移転した後に新しいお墓を建てたあとは、遺骨の納骨と墓石への魂入れを行うための儀式(開眼供養)を行います。
これには僧侶様を手配する必要があります。

こちらの記事はいかがですか(関連記事)
  • お問い合わせはお気軽に

    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお問い合わせください。
    • 頂いた内容はお問合せ日から2営業日(土日祝を含めず)を目安に担当よりご連絡させていただきます。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ず「応募要項」をご確認ください。