お墓の引越し(改葬・移転)のトラブル事例

お墓の引っ越し、いわゆる「改葬・移転」は生涯のうちに何度も経験することではありません。複雑な手続きも必要であるため、予期せぬトラブルが起こるケースもあります。実際にどのようなトラブルが起こるのか、よくある事例をご紹介しましょう。

お寺が同意してくれない場合

改葬前、今のお墓がある墓地や霊園が移動を許してくれないといったトラブルです。住職や管理者から強く言われ、改葬を諦めてしまうことも珍しくないのです。
しかし、改葬を決めるのはあくまで墓地使用権者であり、住職や管理者が拒否することはできません。また、高額な離檀料を請求されたといった事例も実際にあります。いきなり口頭で請求された場合はもちろん支払う義務は発生しませんし、管理規約や墓地使用に関する契約書に明記されていても法外な離檀料を請け負う根拠はありません。
こういったトラブルを避けるためには、いきなり改葬の報告をするのではなく、早い段階から相談してください。前もって話をしておけば、円満に引っ越しできるでしょう。

親族が同意してくれない場合

お墓は近い家族だけでなく、親族全員にとっても大切な場所です。そのため、親族から改葬を反対されるケースも。お墓を改葬する権利としては、墓地の使用権者が持っています。そのため、墓地の使用権者が勝手に手続きをして引っ越しを完了することも可能ではあります。
しかし、親族の賛同を得ておけばスムーズに話しは進みますし、万が一の際のお墓の維持も頼むことができるでしょう。親族を集めてしっかりと話し合いをし、全員から了承を得たあとに改葬の手続きをしてください。

こちらの記事はいかがですか(関連記事)