お墓の費用・価格(値段)の相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓の購入は人生の中で一度あるかないかの出来事です。当然周りにも詳しい方はそれほどいないため、一般的なお墓の価格(値段)の相場がいくらぐらいなのか、その金額が高いのか安いのかを知ることは難しいと思います。
また、契約する墓地・霊園や石材店によってその費用が大きく変わるのも事実です。
ここではお墓全体の費用の目安からどのような項目にいくらかかるのか、地域別の平均価格や金額相場からして高いのか安いのかが判断できるよう丁寧に解説いたします。

お墓を建てるために必要な費用/値段の目安・相場・平均価格

お墓の費用は、大きく分けてお墓の石にかかる「墓石の費用」とお墓を建てる土地にかかる「墓地の費用(永代使用料)」に分かれます。一般的にお墓の全国の平均費用(墓石、墓地込)は180万から200万程度と言われております。下記では、全国各地の平均価格を記載しましたので、ご参考にしていただければと思います。   お墓にかかる費用は墓石にかかる費用と墓地にかかる費用に分かれると上記にて説明をいたしました。ここでは、それぞれの平均費用を日本国内の地域別に分けて記載していきます。

■墓石の平均価格

  • 北海道:140万前後
  • 東北地方:161万円前後
  • 関東地方:168万円前後
  • 北陸地方:131万円前後
  • 中部地方:127万円前後
  • 近畿地方:120万円前後
  • 中国地方:104万円前後
  • 四国地方:152万円前後
  • 九州地方:200万円前後

 

■墓地の平均費用(市営の霊園を除く)

  • 北海道:45万前後
  • 東北地方:52万円前後
  • 関東地方:116万円前後
  • 北陸地方:55万円前後
  • 中部地方:72万円前後
  • 近畿地方:51万円前後
  • 中国地方:40万円前後
  • 四国地方:62万円前後
  • 九州地方:56万円前後

 

お墓を建てた後に必要な費用/値段の目安・相場

■管理料

管理料とは、墓地を所有している方から徴収し、管理主体が墓地霊園を運営するために充てられる費用・値段になります。一般的に1年にいくらと設定されて、毎年支払う費用・値段になります。具体的には、霊園から出たゴミを処分する、備品を整備する、管理人の給与などになります。

民営墓地、公営墓地でお墓を管理している事務所に支払う費用になります。年間で約5000円から15000円程度になります。

寺院墓地では、管理料(護持会費)と年に数回の行事参加費がかかる場合があります。

■その他にかかる費用/値段の目安・相場

毎年:6,000~8,000円

他に、法事法要やお墓参りのための費用がかかります。

しかし、これはあくまで一般的な費用の目安になります。
建て方によっては100万円以下で抑えられる場合もあれば1000万円を超えることもあります。また、毎年かかる費用も自治体が運営する墓地の場合などは1,000円なのに対し、寺院や民間団体が運営する墓地では10,000円以上の費用がかかる場合もあります。

せっかく予算内でお墓を建てられたとしてもそのあと子供や孫に大きな負担を残してしまうことにもなりかねません。

お墓の費用は初期費用と、継続してかかる費用のバランスを考えることが大切です。

お墓にかかる費用の内訳

お墓にかかる費用は大きくわけて「お墓を建てるために必要な初期費用」と「お墓を維持管理するために必要な費用」が必要です。 それぞれについて細かく見ていきましょう。

お墓を建てるために必要な費用(初期費用)

  • 墓地の使用料(永代使用料)
  • 墓石を建てるために必要な材料費と工事の費用(墓石建立費用)
  • 法要にかかる費用
  • お寺の檀家になる場合は入檀料

お墓を建てた後に必要な費用

  • 墓地に定期的に支払う管理費用(管理費)
  • 法事法要にかかる費用
  • お墓参りにかかる費用(花代、交通費、食事代など)
  • お墓の修繕のための費用

この中でも特に重要になってくるのが、墓地の使用料である永代使用料と墓石を建てるために必要な材料費と工事の費用です。
これらは契約する墓地・霊園や石材店によって価格に大きな違いがあります。

墓石を建てるための費用(墓石建立費用)の相場・目安

50万円以下からデザインにこだわると1000万円を超える場合もあります。お墓は大きく分けて、【墓石の料金】と【墓地の料金】になります。

下記では、【墓石の料金】についてご説明します。

墓石代

元来お墓の石は、日本で採掘されたものが利用されてきましたが、現在ではそうではありません。中国、インド、南アフリカ、フィンランド、スウェーデンとさまざまは国の石が利用されています。多くの種類がある為、好みのあったものも見つかるかと思います。中でも使われる石の中で中国産は非常に高い使用率になっています。ちなみにですが、各国で採掘した石を加工するのは、基本的に中国になります。その為、石の質にもよりますが、中国から離れれば離れるほど輸送費の関係で、費用が高くなる傾向があります。

工事費

  • 基礎工事費
  • 外柵工事費
  • 墓石工事費
  • 耐震工事費にかかる費用

文字入れ

文字通り、お墓に文字を入れることです。一般的に10万〜15万程度になります。戒名(法名)・没年月日・お名前(俗名)・享年を入れるのが一般的になります。以下は石材と工事費と文字入れを合わせた相場です。

国産の一般的な石材 140~300万
海外産の石材 50~80万
国産の有名な石材 300万以上

これに付属品を加えていくとその分の費用がかかります。

また、デザインや彫刻を特殊なものにするとその分高い加工の技術が求められるため、費用も高くなります。石材とデザインの両方をこだわるとそれだけで1,000万円を超える可能性も考えられます。

土地の気候や風土によって劣化しやすい石材の質が変わるため、安易に安いものを選んだり、高いものであればいいというものでもありません。石材店にしっかりと説明してもらい納得することが大切です。

墓地の使用料(永代使用料)の相場・平均費用

土地を使用するための権利取得にかかる費用を永代使用料といいます。
東京都が運営する5つの霊園で大体同じ広さの区画を見比べてみてもその価格に大きな差があることがわかります。

霊園名 区画面積(㎡) 永代使用料
多磨霊園 1.75 ~ 2.00 154 ~ 176万円
小平霊園 1.80 ~ 1.95 150 ~ 163万円
八柱霊園 1.75 ~ 2.00 34 ~ 39万円
青山霊園 1.60 ~ 2.00 437 ~ 547万円
谷中霊園 1.50 ~ 1.85 263 ~ 324万円

※「平成28年 東京都立霊園使用者の募集申込みのしおり」より

民営墓地の場合

東京近郊では1㎡の区画が多く50~60万円
都心を離れると3㎡の区画でも30万円程度
ただし、立地によっては1㎡に満たない区画で100万円以上のものもあります。

 

お支払いについて

現金

石材店へ契約になった際に半分お支払い、お墓の引渡の際に半分をお支払いするのが一般的な流れ。

クレジットカード

最近では対応が出来る石材店も増えてきているようです。もちろんですが、カードの限度額の範囲内に限ります。

ローン

対応している石材店はあまり多くは無いかもしれません。もし、ローン支払いを希望しているのであれば、事前に確認をしておきましょう。

 

親族に迷惑をかけずに、生前にお墓を立てる

親族に迷惑をかけたくないのであれば、生前にお墓を立ててしまうようにしましょう。 民間霊園であれば、対応が可能なところが多いです。管理費をお支払いすれば対応ができるというところが多いでしょう。

ちなみに、生前にお墓を建てる事を「寿陵」と言い、長寿や子孫繁栄を招くとして非常に縁起のいいものとされています。

建てるお墓の具体的な価格・値段を知るために

まずはご自分がお墓を建てることを検討している地域にどのような墓地・霊園があるのかを実際に調べてみることが大切です。

地域の墓地・霊園をさっそく調べてみましょう。

墓ピタの墓地・霊園検索機能を利用する

こちらの記事はいかがですか(関連記事)
  • お問い合わせはお気軽に
    お墓相談窓口(無料)
    0120-04-6450
    受付時間 9:00-21:00
    タップして電話をかける
    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお電話ください。
    • 資料請求や気になる墓地・霊園の見学のご予約も、お電話で承ります。
    • お墓に関することなら、何でもお電話ください。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • さらに、お墓をご契約いただいた方には、現金最大50万円のキャッシュバック(併用可能です)。
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ずご確認ください。
    • ご不明な点は、左記のお墓相談窓口までお電話ください。
ページTOPへ