お墓の建替・修繕(リフォーム)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天然素材である石材で造られているお墓は劣化をしにくいと思われがちです。しかし、よく見てみると細かい傷や痛み、シミや隙間、風合いの低下など気になる部分が出てくるもの。お墓の劣化が気になったとき、どのように修繕建て替えすればよいのでしょうか。

お墓の修繕

ほとんどの墓地・霊園の場合、お墓は屋外に建てるのが一般的です。そのため、じめじめとした梅雨や夏の日照り、冬の豪雪など厳しい気候にさらされることになります。お墓自体はそういった自然環境に耐えられるように設計・施工はされていますが、時を重ねていけばやはり建てた当時のままとはいきません。

経年劣化するのはある程度は仕方がないとはいえ、そのままにしておくと浸水などで大切なお骨に被害が及んだり、お墓の倒壊・落下といった事故を起こす可能性が高まります。

お墓の痛みが気になったときには、早めに修繕を計画してください。早めに修繕・建て替えを行うことで費用を抑えられるだけでなく、末永く美しい状態を保つことができるのです。

また、現在は施工技術が向上し、劣化しにくくなっている一方で、昔に建てられたお墓は耐久性に少々不安があります。さらに明治から昭和期にかけては石材の中でもやわらかいものを積極的に使用していた経緯もあり、最近は建て替えをするケースが非常に増えています。

お墓の修繕や建て替えを行う際、法的な手続きは一切必要ありません。お墓を建てた際の石材店に相談をしてください。ただし不要なトラブルを避けるため、管理者や住職に事前に報告をしておきましょう。

  • お問い合わせはお気軽に

    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお問い合わせください。
    • 頂いた内容はお問合せ日から2営業日(土日祝を含めず)を目安に担当よりご連絡させていただきます。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ず「応募要項」をご確認ください。