お墓の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まったく同じ外観のお墓であっても、どの墓地・霊園に建てるかによって将来は大きく変わってきます。大切な人の遺骨が眠り、家族や親族や関わりの深い人が何度も足を運ぶことになる場所ですから、自分の目でその良し悪しを判断したいものです。ここでは墓地を選ぶ上で見ておくべきポイントを紹介します。

1.交通アクセスのよい墓地を探しましょう

どんなに条件がよく、素晴らしい墓地でも、交通アクセスが悪いと中々お墓参りに行けません。家族など身近な人たちにとってお参りしやすいかどうかは非常に重要なポイントです。
今は元気であっても、足腰が弱ってきたり、車の運転が難しくなることも考えられます。

どうしても気に入った墓地の交通アクセスが悪い場合でも、最寄駅から送迎サービスをしている霊園もありますので、あきらめる前に確認してみましょう。

事前に調査しましょう

  • 「自宅からの距離」
  • 「各種交通機関でのアクセスのしやすさ」
  • 「車でのルートと所要時間」

現地見学チェックポイント

  • 「徒歩での道路状況(急な坂はないかなど)」

2.宗旨・宗派に問題はないか確認しましょう

墓地・霊園によっては受け入れが難しい宗旨や宗派がある場合があります。故人、そして承継のことも考え自分を含め家族が何の宗旨・宗派に属しているのかを確認してください。
「宗教不問」の場合は一切問わず、「在来仏教」は天台宗など昔からある日本の代表的な仏教ならば受け入れ可能ということです。「○○宗」といった指定がある場合は特定の宗派のみとなり、改宗・帰依する必要が生じるでしょう。
その他にはキリスト教など「仏教以外の宗教」のみ受け入れ可能な墓地・霊園もあります。

事前に調査しましょう

  • 「利用できる宗旨・宗派に制限はあるか」
  • 「檀家になる必要はあるのか」
  • 「宗旨・宗派に関係なく利用できる区画はあるか」

3.建てたいお墓の種類に対応しているか

人々の生活スタイルの多様化に合わせて、お墓も少しずつではありますが種類が増えてきています。
特別な要望を叶えられる墓地がたくさんあるわけではありませんので、どうしても外せない要件に絞って探してみましょう。

お墓の種類について詳しく知りたい方はお墓の種類のページをご覧ください。

こんな要望に対応できるお墓もあります

  • 「お墓を継ぐ人がいない」
  • 「夫婦だけで入りたい」
  • 「樹木の墓標を建てたい」

4.価格・費用は予算に収まるか

どんなにいいお墓のためとはいえ、高額な支払いで生活に影響がでたり、次の世代の負担になるのは避けたいものです。
お墓には墓石の費用の他に、土地の使用権利料である「永代使用料」と、維持経費として定期的な支払いが必要な「管理費」があります。トータルでいくらになるのかを確実にチェックしましょう。

5.施設・設備は充実しているか

最近では法要設備など、供養に必要な施設がそろっている墓地・霊園が増えてきました。必ずしもすべてがそろっている必要はなく、自分たちにとって何が必要なのかを考えて取捨選択をしましょう。

現地見学チェックポイント

  • 「法要施設の有無」
  • 「駐車場の有無」
  • 「駐車場からお墓までの距離」
  • 「水飲み場の有無」
  • 「水桶や柄杓の貸出し」
  • 「売店の有無」
  • 「休憩所の有無」
  • 「バリアフリー」
  • 「最寄からの送迎」

6.園内の環境はどうか

墓地・霊園は屋外にあることがほとんどです。そのため、夏や冬の気候にも注意が必要です。夏の日照りが激しい場所や、冬は雪が深くなりお参りができないといった場所もあります。
また、他の区画のお墓も見ておくことで墓地の管理体制も伺い知ることができます。

現地見学チェックポイント

  • 「日当たりや風通し」
  • 「地盤の固さ」
  • 「水はけ」
  • 「周辺の樹木とその管理状態」
  • 「騒音」
  • 「害虫の多さ」

7.墓地・霊園周囲の環境はどうか

墓地・霊園はその周辺に暮らす人々にとってはネガティブな印象を抱かれがちです。園内だけではなく、近隣も歩いて回ることでその墓地と地域のつながりが見えてくることでしょう。
また、墓地へ訪れる人が活発な地域では周囲に花屋やお墓参りの道具を売る商店、石材店が見かけられるはずです。墓地によって活気づいている街は少なくとも大きなトラブルにはつながりにくいでしょう。

8.施設管理者

実際にお墓を購入するとなると、選んだ墓地・霊園とは非常に長い付き合いになります。管理が行き届いている場所を選ぶことは非常に重要です。
実際に管理しているのはどこなのかを知っておきましょう。自治体が運営する公営墓地なら心配要りませんが、民間墓地の場合は経営状態もチェックしてください。現在手厚く管理をしている寺院の場合でも、後継ぎがいないといったことも考えられますから、細かな確認が必要です。

こちらの記事はいかがですか(関連記事)
  • お問い合わせはお気軽に

    お墓相談窓口(無料)
    0120-541-613
    受付時間 9:00-21:00
    タップして電話をかける
    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお電話ください。
    • 資料請求や気になる墓地・霊園の見学のご予約も、お電話で承ります。
    • お墓に関することなら、何でもお電話ください。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ずご確認ください。
    • ご不明な点は、左記のお墓相談窓口までお電話ください。