お墓を建てるまでの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓は空きのある墓地・霊園を見つけ、その墓地から紹介された石材店に墓石を依頼すれば建立することができます。しかし、そこには大切な方のご遺骨が埋葬され、長い年月の間、その家族や親族や関わりのある人が訪れる場所となります。このページでは墓地や石材店とのやりとりだけではなく、家族や親族との話し合いの場を設けるなど、トラブルが少なく、納得の行くお墓を建てるための流れをご紹介します。

1.誰がお墓を使うのかを整理する

まずは、誰の遺骨を納めるのかを整理しましょう。
今使っているお墓を新しい場所に建て替える場合には、そのお墓に入っていた先祖や親族の遺骨をそのまま移すことになります。今後は自分や家族や親族が使っていくことになるでしょう。
最近では、核家族化や親戚付き合いの減少もあって、夫婦だけでお墓を建てるケースも増えています。

また、お墓はそこに遺骨を収めるだけではなく、関わってきた人たちが訪れる場所にもなります。そういった方々が訪れやすい場所に建てるという意識も忘れないようにしましょう。

2.家族や親戚、お墓を使う人たちと話し合う

お墓は世代をまたぎ受け継いでいくものです。
一人だけで話を進めていくと将来的に大きなトラブルに発展することも考えられます。
事前に家族や親族と話し合いの場を設け、しっかりと考えを共有しておきましょう。

3.どんなお墓を建てたいかを考える

お墓の種類にも色々あります。
運営する団体の種類。大きくは民間団体、国や自治体、寺院・宗教団体に分かれます。寺院では利用する方の宗旨宗派が限定されたり、国や自治体の場合は利用希望者が殺到し抽選になるなどの違いがあります。
また最近では、園内全体が花で彩られた庭園のような霊園や、地面にレンガが敷き詰められた都市的な霊園も生まれています。

どんなお墓があるのかは「お墓の種類」ページでご紹介しています。
また、同じ種類のお墓を取り扱っている墓地・霊園でも立地や運営会社によって違いがあります。「お墓の選び方」ページを参考に自分の要望を固めていきましょう。

4.地域の墓地・霊園を探してみる

地域の墓地・霊園を探してみましょう。
墓ピタでは、複数の要望を指定して地域の墓地・霊園を検索することができます。

>> 墓地、霊園を探す

他にも、役所に問合せを行うことで公営の墓地を教えてもらえたり、地域の石材店に相談することで付き合いのある墓地・霊園を紹介してもらえる場合もあります。

5.実際に足を運んで見る

地域の墓地・霊園を探したら、実際に足を運んでみましょう。
お墓は、大切な方の遺骨が眠る場所であり、自分や家族や関わりの深かった人達が何度も足を運ぶ場所になります。
交通の便はよいか、園内の雰囲気は良いか、周りの街並みは好感が持てるかなど、自分で体感することが重要です。
現地を見学するときは事前に墓地・霊園に見学申込を行いましょう。

6.墓地・霊園の担当をする石材店と話してみる

事前の調査や現地見学で希望する墓地・霊園の目星がついたら、その墓地・霊園の担当者と話をしてみましょう。
墓地・霊園の担当者は提携している石材店である場合が多いので、要望を伝えることで、他に候補となる墓地・霊園も合わせて紹介してもらえる場合もあります。

7.墓石の種類やデザインを選ぶ

墓地・霊園が決まったあとは、そこに建立する墓石のデザインを選ぶ必要があります。
代表的なものは縦に長いオーソドックスな「和型墓石」と、横長で近年人気が高まっている「洋型墓石」です。基本的にはこれらの中からおすすめのデザインを石材店が紹介してくれます。
よりこだわる場合には、完全オリジナルの「デザイン墓石」を依頼することもできます。
ただし、墓地・霊園によっては墓石のデザインに制限がある場合もありますので、契約を結ぶ前のこのタイミングで、しっかりと確認しておくことが大切です。
どうすれば故人と家族の思いを残せるのか、納得のいくデザインができるまでじっくり石材店と話をしましょう。

8.見積もりをもらう

気に入った墓地・霊園で、納得のいく墓石のデザインが決まったら、見積もり書をもらいましょう。
石材店や墓地・霊園の担当者を信頼することも大切ですが、墓石の加工や工事は一度行ったらやり直しが簡単に行えるものではありません。口頭での説明だけではなく、しっかりと図面や完成予想図の提出を依頼し認識に違いがないか再度確認を行いましょう。

見積もりでもらっておくべき9項目

  1. 注文内容(墓石工事一式等となっていたら要注意)
  2. 金額明細 墓石・外柵・工事、区画の永代使用料・管理費
  3. 図面
  4. 完成予想図
  5. 納期
  6. 規則・規約関連
  7. 保障・アフターサービス
  8. 文字・彫刻の完成予想図
  9. 支払い方法

特に支払い方法に関しては、工事前に全額の半分を支払う必要がある場合や、ローンの利用が利用できないなど後々になって自分や家族の負担にならないか確実に確認しておきましょう。

9.お墓を使う人たちともう一度話し合う

見積もりを受け取ったら、契約の前に再度家族や親族と話し合う場を設けましょう。
墓石の加工や工事が始まってしまったら後戻りは難しいです。自分以外の意見もしっかりと聞いて、何か気になることがある場合には何度でも担当者に質問をしましょう。

10.墓地・霊園に契約を申し込む

気に入った墓地・霊園で、納得のいく墓石のデザインが決まり、見積もりにも納得できたら、墓地・霊園に契約を申し込みます。

11.工事と引渡し

契約を行ったあと、実際の工事がスタートします。工期は約2カ月ほどですが、余裕をもって3カ月みておきましょう。工事中の見学に対応してくれる場合もあるので、希望があれば石材店に相談をしましょう。 工事が終われば、いよいよ引き渡しになります。
その際に設計図通りになっているのか?彫刻にミスはないのか?墓石に不具合はないか?をしっかりと確認しましょう。
特に戒名の文字彫刻は念入りな確認が必要です。
問題がなければ残りの金額を支払って引き渡しが完了です。

12.お墓に遺骨を納め、法要を行う

お墓に遺骨を納めます。
その際には僧侶様をお呼びし、納骨法要・開眼法要を行う場合が多いです。
故人の魂をお墓に込める意味のある大切な法要ですので、家族や親族を集めて行いましょう。

  • お問い合わせはお気軽に

    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお問い合わせください。
    • 頂いた内容はお問合せ日から2営業日(土日祝を含めず)を目安に担当よりご連絡させていただきます。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ず「応募要項」をご確認ください。