お墓の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現代では、お墓を建てる事が出来る土地は「霊園、墓地」にあります。少し前であれば、自分の余った土地にお墓を建てる事もできましたが、現在はできません。(詳しくは→「お墓に関する法律」)現在、お墓を管理する事ができるのは、①宗教法人②地方公共団体③公益法人に限られます。①が管理する霊園、墓地を寺院墓地、②が管理する霊園、墓地を公営墓地、③が管理する霊園、墓地を民営霊園と呼びます。その為、「建てたい」となれば、基本的には上記のいずれかの霊園にお墓建てる事になります。

ここではそれぞれの霊園、墓地のメリットとデメリットを挙げ説明していきます。また、お墓と一言でいっても幾つか種類がありますので、それの説明もしていきます。

誰が運営しているのか

現在は霊園、墓地の種類は3つで寺院墓地、公営墓地、民営墓地に別れます。ここでは、それぞれの霊園のメリットとデメリットを挙げ説明をしていきます。また、いずれにも当てはまらない例外的なものを紹介します。

 

寺院墓地:お寺が運営する墓地・霊園

宗教法人が管理する霊園、墓地を「寺院墓地」や「境内墓地」と呼ばれます。
簡単に言うと、お寺が管理・運営している墓地です。

■メリット

・供養が手厚い

お墓をお寺が管理しているため、日常的に供養を行ってもらうことができます。また法要などもそのお寺に頼むことができますし、お寺の本堂で法要を行う事も可能です。維持・管理の面で安心できます。

・葬儀や法要で困った事があれば相談に乗ってくれる

仏事の知識というのは、私生活の中ではなかなか得られるものではありません。そんな不明点もお寺に相談に乗ってもらう事が出来るようになります。

お盆など法要が集中する期間も優先してもらえる

お盆というのは、多くの家で法要が行われます。その為、ご住職の中には一日中法要の為、周辺を回っているという方も珍しくありません。そんな期間であっても檀家であれば、法要や葬儀の依頼も優先してもらえます。

 

■デメリット

・檀家になる必要がある場合がある

一般的にお寺の中の墓地に入る為には、檀家になる必要があります。檀家になるという事は、その宗派の信徒になるという事です。その為、お寺の存続の為に「お布施」が必要になります。また、お寺によっては行事の参加も必要な場合もあります。

・宗派が限定される場合がある

新しくお墓を建てる場合には宗旨・宗派のあるところが多いです。その為、「いいな!」と感じたお寺であっても、お寺側が特定の宗派で限定をしている場合だと、お墓を建てられない場合があるので注意が必要です。

※最近では宗派不問の寺院墓地も増えてきています。

・お墓の自由度が低い

寺院墓地では、もちろん最近流行っているデザイン墓石や洋型墓石は建てる事が難しいですし、和型墓石であってもお寺によって指定をされている場合が多いです。

※最近ではデザイン墓石、洋型墓石を建てる事を認められる寺院墓地も増えてきています。

 

 

公営墓地:自治体が運営する墓地・霊園

地方公共団体が管理する霊園、墓地「公営墓地」と呼ばれます。
都道府県などの地方自治体が管理・運営している墓地です。

■メリット

・地方自治体が運営主体なので安心できる

地方自治体が運営主体であるので、寺院墓地や民営墓地よりも運営に信頼が置けます。また、同じ理由から、宗旨・宗派を指定されることもありません。

・費用が安価

利用料が寺院墓地や民営墓地に比べて、比較的に安価です。ただ、地方自治体の運営だからと言って極端に安いというわけではありませんので注意しましょう。

・好きな石材店に依頼ができる

公営霊園は石材店の指定が無いので、好きな石材店に依頼をする事ができます。

 

■デメリット

・資格がないとお申込みできない

各地方自治体の応募資格に当てはまらないとお申込みをする事が出来ません。応募資格に関しては様々で、申込者が一定期間内その地域に住んでいる事や遺骨の親類者である事などがあります。

・抽選に当らないと墓地を建てることができない

公営霊園は価格が比較的安価であることや、運営母体が地方自治体であるという信頼性から希望者が非常に多いです。その為、競争率の高い抽選で当たらないとお墓を建てる事が出来ません。実際に、人気の霊園では競争率が10倍を超える事も珍しくありません。

・区画が選べない

寺院墓地や民営墓地と違ってお墓を建てる区画を選ぶことが出来ません。地方自治体が、墓地が空いたところ、もしくは空いているところに機械的に振り分けていく形になります。

 

 

民営墓地:民間団体が運営する墓地・霊園

公益法人が運営している霊園、墓地を「民営墓地」と呼ばれます。
※寺院墓地であっても、宗旨・宗派を問わない墓地であるとお寺の墓地でも「民営墓地」と呼ぶことがあります。

メリット

・基本的に制限がないため自由

民営霊園の大きなメリットとしては、制限がほとんどないことです。その為、自分の好きな区画の永代使用権を購入する事もできますし、宗旨・宗派も問いません。また、墓石も洋型墓石はもちろんのこと、デザイン墓石も建てる事ができますので、故人様に合ったお墓を建てやすいでしょう。

・生前に購入する事できる

公営墓地と違って、生前の内に区画を購入する事ができます。自分の好きな場所に好きなお墓を建てる事ができますし、子どもの負担も軽減ができるという事で、近年生前にお墓を建てることが増えています。生前にお墓を建てる事は「寿陵」と言い、古代中国では長寿を承ると非常に縁起の良いことであるとされてきました。

・施設が充実している

駐車場や法要の施設などが同敷地内にあるなど充実していることが多いです。駅から少し離れている所であっても、直通バスが出ていることも多いです。

 

デメリット

・指定石材店制度がある

民営墓地では石材店が指定されているので、自分の好きな石材店があったとしてもそこには依頼が出来ません。民営墓地は霊園開発に協力した石材店が販売権利を得る事になるので、開発に協力していない石材店は、入り込む事ができないのです。

・費用が高め

民営墓地は、行き届いた掃除や施設の運営、管理人の配備等で利益を上げないと運営が出来ません。その為、他の形態の霊園と比べると永代使用料や管理料が少し割高に感じるかもしれません。

・霊園、墓地の永続は約束されていない

民営墓地は運営母体が民間企業になる為、経営が悪化した際には、管理状況の悪化も考えられます。また、最悪の場合は霊園、墓地の運営ですら約束されない状況も考えられます。

 

 

集落墓地:集落や共同体が運営

「集落墓地」や「村落墓地」と呼ばれます。
お墓に関する法律が制定される以前から地域住民によって共同で維持されてきた墓地です。
お墓の所有者がはっきりとしていないことが多く、法律としても扱いが曖昧な存在です。

 

 

誰が管理していくのか

家族や親族で管理していくお墓

一般的なお墓です。先祖代々受け継ぎ管理をしていくお墓になります。承継する権利は一人にだけ与えられます。長男が受け継いでいくというのが一般的で、現代でも長男が継ぐ事が多いですが、昔のようにそれが暗黙の了解という事はなくなってきているようです。

承継とは

共同墓:血縁関係のない知人・友人などで管理していくお墓

知人・友人や共通の趣味を持ったグループなど生前に縁があった人の間で代表を立て管理していくお墓です。承継する権利は一人にだけ与えられます。

墓地・霊園の運営者に任せる

近年では核家族化や後継者がいないなど、お墓を受け継いでいく人がいないといった問題があります。そういった問題を解決するために墓地・霊園側が用意した、他の家の方々と共に入る合同のお墓が増えてきています。

永代供養墓

永代に渡って供養を行ってもらうことができるお墓です。
永代供養墓と言っても実態は様々で、6年や10年など一定期間を個別のお墓に納められたあとで合祀墓に移される場合と、最初から合祀墓に納められる場合があります。

合祀墓、合同墓

墓地・霊園が管理する永代供養墓で、複数の遺骨をまとめて埋葬するお墓です。多く場合、遺骨を骨壷から取り出して埋葬するため、あとから取り出すことはできません。

納骨堂

納骨堂は、お墓が決まるまでの一時的な遺骨の安置に利用されてきました。しかし、近年の深刻な墓地不足の影響もあり、長期的に収蔵を行う納骨堂が増えてきています。
ただし、収蔵施設では永代に渡っての管理が難しいため、定められた期間のあとは合祀墓に移され永代供養されることになります。

誰がどのように入るお墓なのか

家墓:家族や親族が入るお墓

一般的なお墓です。各家単位のお墓のことを言います。

両家墓:複数の家墓を合わせるお墓

一人娘の嫁入りなどによって、家のお墓を継ぐ人が途絶えた場合に、両家のお墓を合わせて建てたお墓です。

共同墓:知人・友人など生前に縁があった人と入るお墓

知人・友人や共通の趣味を持ったグループなど生前に縁があった人と入るお墓です。

個人墓:自分だけが入るお墓

たった一人の遺骨だけを納めるお墓です。
受け継ぐ人がいないため、墓地で定められた期間のあとは合祀墓に移されます。

夫婦墓:夫婦だけが入るお墓

夫婦の遺骨だけを納めるお墓です。
受け継ぐ人がいないため、墓地で定められた期間のあとは合祀墓に移されます。

どのような場所に建てられたお墓なのか

これまでは寺院の境内や砂利の地面にお墓を建てるのが一般的でした。
最近では園内に樹木や花々が植えられた庭園のような墓地や地面にレンガが並べられた都市的な墓地など新しい形態が生まれてきています。
また複数の形態が区画でわけられた複合型の墓地も存在しています。

都市型墓地/区画

都心などに見られる地面にレンガが敷き詰められた墓地や区画です。

芝生墓地/区画

園内が芝生で覆われた墓地または区画です。墓石は背の低い洋型を指定される場合が多いです。

ガーデニング墓地/区画

園内に樹木や花々が植えられ庭園のような墓地または区画です。墓地全体が庭園のようなものと、墓地自体は一般的な形式で区画にガーデニングができるものがあります。

どのような墓標を建てるのか

樹木葬/区画

石でできた墓標の代わりに樹木を植えることができる墓地または区画です。

  • お問い合わせはお気軽に

    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお問い合わせください。
    • 頂いた内容はお問合せ日から2営業日(土日祝を含めず)を目安に担当よりご連絡させていただきます。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ず「応募要項」をご確認ください。