お墓の基本構成と付属品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓とひとくくりに言っても色々な形の石材が組み合わせられて構成されています。それらには一つ一つ意味があり役割があります。ここではお墓の基本構成と付属品を解説します。

お墓の基本構成

石塔

墓石の中心となるのが「石塔」です。開眼供養の際に、僧侶より魂が入れられる石。縦に長い四角箱型が代表的ではあるものの、石塔のかたちには決まりはありません。ただし、場所によっては独自ルールのある墓地・霊園もあるのでこだわりがある方は注意が必要です。
先述した縦に長い四角箱型の石塔には2パターンあります。竿石、上台、中台、芝台の4つで構成されたものと、芝台を除いた3つで構成されたパターン。基本はこの2つのいずれかですが、竿石と上台の間に蓮華を簡略化した形の石(スリンと言います)を用いるパターンもあります。
石塔の中でもいちばん目に入るのが「竿石」。別名として棹石・佛石・軸石と呼ばれることもあります。竿石は「先祖代々之墓」といった文字やお題目などが刻まれ、石塔のメインとなる場所。上台には家紋・家名・蓮華模様が彫られ、芝台はカロートの保護や香炉・花立ての置き台になります。

カロート

「カロート」とは納骨室のこと。石塔の下に位置し、お墓の重要な部分となる場所です。材質はコンクリートが一般的ですが、場合によっては湿気に強い大谷石が使われることも珍しくありません。
カロートには地上式・半地下式・地下式の3つの種類があります。さらにそれぞれ一段型・二段以上型があり、大きさや形状はさまざまです。一般的な和型の場合は半地下式の二段か三段型のカロートを用いるケースが多いものの、面積の小さな墓地では「丘カロート」が採用されることもあります。丘カロートは納骨棺と外柵を兼ねた地上式の一段カロートが多くなるのです。その他にも芝生や壁といった墓地ではカロートの段数が異なったり、地下式になったりします。

外柵

「外柵」とはその名の通り、お墓の外に設置する柵のことです。境界石・巻石・境石とも呼ばれています。隣との境をはっきりと分ける役割が主ですが、水や地崩れといった災害を防止する役割も担っています。
外柵の基礎部分は根石と呼ばれており、材質は御影石やコンクリート。土台である根石の上に中石と上石が積まれ、上石の上面は羽目という加工が施されています。その後、小柱や塔婆立て、入り口に大柱を設置するのが一般的です。
一言で外柵といっても墓地や霊園によってさまざまなかたちがあり、さらには地域や時代によってかたちが変わるもの。お墓を設置する部分を高くした舞台式、全面に階段を設置した階段式など、形式は多岐に亘ります。

お墓の付属品

花立て

お参りにくる家族や親類が生花を立てるためのものです。花立ては水鉢を挟むように左右に設置されるのが一般的。墓石から取り外せるタイプや墓石や水鉢と一体化したものなどさまざまなタイプがあります。素材はステンレス製やプラスチック製です。

香炉

香料を加熱して、香りを焚くための器です。

水鉢

水を入れるためのもので、花立てと同じく取り外しができるタイプや、墓石を切り出し一体化したタイプがあります。水鉢はお墓の中央に位置するため、家紋が彫られることも。

塔婆立て

供養のために立てる木製の板で、浄土真宗以外の仏教で供養のために用います。墓石の背面か外柵に組み込むかたちで設置し、地面に突き刺す方法と塔婆立てを使う方法の2つがあります。倒れることを防ぐため、塔婆立てを使うのが一般的です。

墓誌

戒名や俗名は墓石に刻むのが一般的。ただし長くなると墓石だけでは彫り切れないため、墓誌を設置します。主に故人の戒名・生年月日・没年・経歴が刻まれており、最近のお墓では墓誌が標準として付属しているケースも珍しくありません。

燈籠(灯篭)

故人への供養の心を表すと同時に、邪気を払う意味合いもあります。最近ではお墓を引立てるために設置するケースも。お墓の入り口に左右一体、または一基のみを設置します。

経机(供台)

お墓にお参りにきた人が故人へのお供え物を置く台です。もともとは読経の際に経典をのせる机として設置されてきたもの。お墓と同じ材質の石で造られます。

つくばい

お墓の装飾品として飾られます。そもそもはお参り前に手を洗い清める場所として利用されていましたが、近年ではお墓を引き立てるために設置されるようになりました。

物置台

お墓の周りに荷物を置くのは故人に対して失礼。そのため、お参りにきた家族や親類が手荷物を置く台として利用する場所として利用します。物を置く用に加工されたものと、天然石をそのまま利用したものがあります。

名刺受け

故人の知り合いが家族や親類のいない際にお参りにきても分かるよう、参拝者の名刺を受けるために設置します。雨風をしっかり防げる仕様になっており、定期的に家族が中を確認する必要があります。

お地蔵様

生後まもなくこの世を去った幼い子どもの供養のために設置します。一説ではお地蔵様を設置することで、安らかな場所まで連れていってくれるという話があります。かたちとしては線彫り・半身彫り・全身彫りの3種です。

玉砂利

墓地内の石のない部分に敷き詰める特別な石です。化粧砂利と呼ばれることもあります。見た目だけでなく、お墓周辺を雑草から守る役割も。種類もさまざまで黒インド・那智・大磯・五色などがあり、墓石と合ったものを選びます。

  • お問い合わせはお気軽に

    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお問い合わせください。
    • 頂いた内容はお問合せ日から2営業日(土日祝を含めず)を目安に担当よりご連絡させていただきます。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ず「応募要項」をご確認ください。