納骨と埋葬について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓は、古代においては天皇や時の権力者のみが立てられるものでありましたが、江戸時代、幕府が檀家制度を敷いてからはお墓が庶民にも一般的なものになりました。
現代においても、お葬式が終わった後、ご遺骨はお墓に納骨するというのが一般的です。
特に最近ではお墓以外にもさまざまな埋葬方法がありますが、どこにでも好きなところに埋葬をしてもいいということはありません。
ここでは、埋葬におけるルールについてお話をしていきます。

埋葬とは

埋葬とは故人のお遺骨をお墓またはそれに準じた場所に納め、葬ること。現代ではご遺体を火葬することが義務付けられています。
しかし、石器時代から長く初期まではご遺体をそのまま埋める、いわゆる「土葬」が行われてきました。その後、流行病や都市部の土地不足(土葬の場合は一人あたりに必要な面積が大きい)といった理由から火葬へと切り替わっていったのです。とはいえ、宗教的観念から一度は土葬が復活したものの、明治政府より再度制定された墓地埋葬法により火葬が一般化し、準じて火葬場が増えていき、現在に至っています。
現在は墓埋法で都道府県知事が許可をした場所にしかご遺骨を葬ることはできません。故人の遺言があったとしても、自宅の庭に埋めるといった行為は違法となるのです。

埋葬の現状

明治時代に制定された墓地埋葬法以前は土葬が一般的でした。現在ではほぼ100パーセントが火葬され、土葬は1パーセントにも満たない状態です。土葬をしたい場合は都道府県や埋葬する墓地や霊園からの許可が必要です。狭い日本では土地を広くつかう土葬よりも、火葬が大部分になるでしょう。

納骨法要の流れ

納骨とはご遺体を火葬した後に骨壺に納める行為、または骨壷に納めたご遺体をお墓に葬ることを言います。ここでは後者の流れを説明していきます。お墓に納める場合、納骨法要を行うのが一般的。納骨法要とは僧侶をおよびして、家族や近親者など故人に近い人たちだけで行います。
僧侶の役割はお墓の前で読経をして魂を入れること。その間に参列者は焼香をし、最後にカロートにご遺骨を納めて完了となります。その行為は「開眼法要」と呼ばれています。開眼法要をすることで、ただの石であったお墓が拝む対象へと変わるのです。
納骨をする日付や期限は特に設けられていません。早ければ四十九日など忌明けまたは一周忌に行い、遅くとも三周忌までには執り行う事例が多いようです。

浄土真宗以外の宗派では同時に「卒塔婆供養」も執り行います。僧侶に依頼し、故人の戒名などを書いてもらう行為で、「生きている人の善行が故人の善行にもなる」といった考えから行われています。

  • お問い合わせはお気軽に

    お墓相談窓口(無料)
    0120-541-613
    受付時間 9:00-21:00
    タップして電話をかける
    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお電話ください。
    • 資料請求や気になる墓地・霊園の見学のご予約も、お電話で承ります。
    • お墓に関することなら、何でもお電話ください。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ずご確認ください。
    • ご不明な点は、左記のお墓相談窓口までお電話ください。