お墓参りのマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お墓参りはそこに眠る方々への供養や感謝の気持ちを伝える大切な行事です。日常的に行われてきたお墓参りも、近年ではその機会が減ってきている傾向にあります。ここで紹介するお墓参りの作法を参考に、祖先や故人に対する感謝や弔意を伝えましょう。

お墓参りの時期

一般的にお墓参りをする時期としては、「春秋のお彼岸」「お盆」「故人の命日」「正月」「年忌法要」などが挙げられます。

正月

お正月は、親族が集まりやすいという事もあって、みんなで集まりお墓参りに行くという事も少なくありません。

お盆

ご先祖様がこちらの世界に来るとのことで、田舎に帰省するなど家族とお墓参りをしている方も多いでしょう。一般的に、関東では8月13日~8月16日。関西では7月13日~7月16日とされいます。

春秋のお彼岸

春と秋、年に2回あるお彼岸はご先祖様たちがいる彼岸(生死の海を渡って到達した悟りの世界)とわれわれが生活している此岸(迷いや煩悩に満ちた世界)が最も通じやすいとされている期間と言われており、お墓参りをするのに適した時期です。

故人の命日、年忌法要

故人の命日、正確に言うと祥月命日にお墓参りを行う事が多いです。祥月命日とは、故人が亡くなった同月同日のことを言います。また、一周忌、三周忌、七周忌と節目となる年ごとに行われる法要を年忌法要と言います。その際にお墓参りを行う方も多くいらっしゃいます。

人生の節目

お墓は故人や先祖に感謝の気持ちを表す場所でもあります。そのため、「結婚が決まった」「子どもが第一希望の学校に受かった」など家族や身内に喜ばしいできごとがあった場合など、人生の節目にはお墓参りをし、感謝の気持ちを伝え喜びを分かち合うようにしましょう。

お墓参りの作法

お墓参りには基本的なマナーやふさわしい振る舞いが存在しています。しかし、一番大切なことは家族や親族が定期的にお墓に足を運ぶことです。あまり難しく考えず、大切な人やご先祖様に感謝し、手をあわせることから始めましょう。

服装

葬儀のように黒い礼服を着る必要はないものの、派手な色や避けましょう。ご先祖様や大切な方が眠る場所ですから、なるべくきちんとした服装を心掛けてください。
お墓参りでは掃除を行うことも多いため、動きやすい服装も意識した方がよいでしょう。

持ち物

基本的な持ち物

  • お供えをする生花とお菓子や飲み物
  • お供えを置くための半紙
  • 線香
  • ロウソク
  • 数珠
  • マッチかライター
  • 花ばさみ
  • 掃除用具(タワシやほうき)

お墓によっては準備が必要な物

柄杓や手桶は管理事務所などで貸してくれる場合がほとんどではあるものの、集落や小規模の霊園では自分たちで持ち込む必要があるケースもあります。現地で焦らないよう、お墓参りに行く前に備品をしっかりと確認していった方が良いでしょう。

一般的なお墓参りの流れ

1.管理事務所にあいさつし、備品を借りる

墓地・霊園についたら、まずは先述した管理事務所で備品を借りてください。

2.寺院墓地の場合は、本堂でお参りする

まずは本堂のご本尊をお参りし、住職へと挨拶をします。
お彼岸の時期などには「彼岸会法要」が行われていることが多いので、余裕があれば参加をおすすめします。

3.手桶に水を汲む

手桶に水を汲んでお墓へと向かいます

4.お墓の前で合掌礼拝

お墓の前に着いたらまずは合掌礼拝をします。

5.お墓の掃除

お墓の掃除を行いましょう。

>> お墓の掃除

6.お供え

花立てに水を入れ、花ばさみでバランスを整えたお花をお供えしてください。
お供え用のお菓子や飲み物は直におくのではなく、半紙の上に置きましょう。
お酒が好きだった故人の場合、お墓にかけている光景を見かけますが、墓石を劣化させる原因になるので避けましょう。

そして、点火した線香を香炉や線香皿に置いてください。
点火するときに燃え上がった炎は必ず手であおいで消しましょう。口は不浄なものとされているため、吹き消すのはマナー違反です。

7.お参り

順番は故人と縁の深い人からになり、線香を消さないように墓石に水をかけ、正面に向かい合掌をしてください。
その際に感謝の気持ちや近況報告などをすると良いでしょう。
合掌の仕方は手に数珠をかけ、胸の前で左右の手のひらをぴったり合わせ、軽く目を閉じて頭を30度程度傾ける姿勢が正しいとされています。合掌が終われば、お墓参りは一通り終わりです。

8.帰る前に

帰る際に気を付けたいのがお供え物です。食べ物は動物やカラスが荒らしてしまうため、必ず持ち帰ってください。

お墓参りの代行をお願いする方法も

仕事が忙しかったり、遠方でなかなかお墓参りに行けない場合もあると思います。そんな時は、お墓参り代行サービスをしている業者や、近くに住んでいる知り合いに臨時アルバイトを頼む方法を検討してみましょう。信頼できる業者は、お墓参りに慣れていますので、自分がお墓参りをするよりも丁寧に掃除なども行なっていたりします。
自分が行ける時には精一杯お墓参りをする必要がありますが、行けない時には、お墓参り代行をお願いするのも有効な方法かと思います。

  • お問い合わせはお気軽に
    お墓相談窓口(無料)
    0120-04-6450
    受付時間 9:00-21:00
    タップして電話をかける
    • お墓探しの疑問は、お気軽に上記の窓口までお電話ください。
    • 資料請求や気になる墓地・霊園の見学のご予約も、お電話で承ります。
    • お墓に関することなら、何でもお電話ください。
  • お墓探し応援キャンペーン

    \ 墓ピタ経由の現地見学特典 /
    QUOカード5,000円分プレゼント

    キャンペーン情報を見る
    • さらに、お墓をご契約いただいた方には、現金最大50万円のキャッシュバック(併用可能です)。
    • キャンペーンのご利用には条件がございます。お申込み前に必ずご確認ください。
    • ご不明な点は、左記のお墓相談窓口までお電話ください。
ページTOPへ